ベネチアンチェーンと小豆チェーンどっちがいい?3つの選び方

アズキチェーン

ネックレスにはチェーンがありますよね。

このチェーンもそれぞれデザインが違いますし、輝き方も違えば印象も違って見えます。

チェーン一つで印象が変わるので何を選んだらよいのか迷う事もありませんか?

ここでは、ベネチアンチェーンと小豆チェーンを取り挙げ、それぞれの選び方を書いてみました。

ベネチアンチェーンとは

18金ホワイトゴールドのベネチアンチェーン

チェーン部分の一面一面が平たく、隙間を小さく繋げているデザインです。

肌触りがよく、首に巻いても違和感なくすっと溶け込むような感触が特徴。

ザラザラした感触がなく、身に着けやすくて女性に人気そうな印象ですね。

また、太さにも種類があり、太めを選ぶとインパクトが出て一層エレガントな雰囲気に。

首が太めな女性の場合、チェーンが細いと埋もれてしまいがちなので、やや太めから選ぶとバランスを取りやすいでしょう。

さらに詳しい事についてはこちらで記載しております。

ベネチアンチェーン ダイヤモンド ネックレス 一粒 ネックレスチェーンのよく見かけられる種類&効果的な選び方

高級感はたっぷり

ベネチアンチェーンは一面一面が平たいため、光の反射が強いのが特徴。

反射が強いと輝きがよく見えますよね。

プラチナやゴールドなど価値の高い貴金属との相性がとても良く、高級ジュエリーにもよく使われます。

特にプラチナ使用のベネチアンチェーンだと高級感たっぷり。

小豆チェーンとは

18金ホワイトゴールドのあずきチェーン

こちらは輪っかどうしを繋ぎ合わせたデザインのチェーンです。

イメージとしては、パーティーで作られる「輪飾り」と同じ構造ですね。

あずきが繋がっているように見えるから「小豆チェーン」と呼ばれたのでしょう。

こちらもベネチアンタイプと同様、プラチナやゴールドが使われます。

光を反射する面の箇所が多いため、点々と煌めくのが特徴。

さらに詳しい事についてはこちらで記載しております。

ベネチアンチェーン ダイヤモンド ネックレス 一粒 ネックレスチェーンのよく見かけられる種類&効果的な選び方

また、あずきチェーンには面の形に種類があり、ここでは主に見かけられる2タイプを取り挙げます。

丸あずき

あずきチェーンの種類の中でも、最もカジュアルなタイプなのが、丸小豆チェーン。

名前の通り、輪っかが丸いのが特徴です。

カジュアル感が強いため気軽に身に着けやすく、普段使いとしても使いやすいのが良さですね。

角あずき

輪っかが四角形の形をなしているのがこの角小豆チェーンです。

長角あずきチェーンもありますよ。

柔らかさというよりも、シャキッとした印象の見た目といったところでしょうか。

価格はどちらが高い・安いのか

筆者の経験上、同じ太さで見ると「ベネチアンチェーンのほうが若干高い」気がします。

私が以前ネックレスを購入したショップの店員さんに聞いてみると「作りが複雑なため」とのようでした。

チェーンはどれも小さいので作りが繊細ですが、ベネチアンタイプは構造上さらに繊細なよう。

よって、小豆のほうが若干価格は安くなるのでしょう。

どちらがいい?3つの選び方

ベネチアンと小豆チェーン、どちらもキラキラして綺麗だけれども、どちらがいいのか悩みますよね。

そこで、選び方を3つ紹介させて頂きます。

見た目で選ぶ

角あずきであれば、外国ブランドのジュエリーっぽく見えるので、海外志向でいきたい女性は角アズキのチェーンがおすすめ。

太さを考慮しても、あずきチェーンは輪っかの幅が広いので、広くキラキラ光りますね。

ベネチアンチェーンであれば一直線な煌めきで、スラッと滑らかに煌めくのがメリット。

プレゼントのために選ぶ

プレゼントであれば、どちらも甲乙つけ難いです。

高級感で選ぶのであればベネチアンチェーンがおすすめ。

高級ジュエリーに多いデザインですので、それだけで高級そうに見えます。

例えプレゼントする相手がジュエリーの事をよく知っていても、ベネチアンチェーンは高いとわかります。

「私のために張り切って買ってくれたんだ!」と分かってくれるでしょう。

価格で選ぶ

上にも載せましたが「小豆のほうが若干価格は安い」と思います。

ただ、これもショップによって値段が違いますので一概に安いとは言い切れません。

ベネチアンと小豆は価格が似通っています。

若干の価格の差を気にしないのなら、自分が良いなと思ったものを選びましょう。

まとめ

今回はベネチアンチェーンと小豆チェーンをピックアップし、最後に選び方を紹介しました。

チェーンの選び方は、次の3つでしたね。

  1. 見た目で選ぶ
  2. プレゼントのために選ぶ
  3. 価格で選ぶ

両方の特徴とともに、どちらが安いのかも書きましたが、日本ではベネチアンチェーンのほうが若干高め。

値段が安いからカジュアル・・・というわけでもありません。

あずきチェーンもカットあずきというタイプであれば、有名ブランドも採用しており、安っぽさを感じさせませんよ。

どちらも、ご自身が好きだと思う見た目で選んでみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA