一粒ダイヤモンドネックレスを予算内で選ぶ時のポイント

一粒ダイヤモンドネックレスを予算内で選ぶ時のポイント

ダイヤモンドは大きければ大きいほど価格は上がります。

小さければダメだという訳でもなく、大きいからってすべて良いとは限りません。

ここが一粒ダイヤモンドネックレスの少し深い点ですね。

例えば同じ0.5ctダイヤでも数万円のものもあれば、数十万円のものもあります。

この差はダイヤモンドの評価から来ています。

そこで、一粒ダイヤモンドネックレスを予算内で選ぶ時のポイントを紹介させて頂きます。

ダイヤモンドの4Cについて

まず、ダイヤモンドの4Cとは「ダイヤモンドの品質を評価する国際基準」の事です。

その4Cとは「Carat(カラット)Color(カラー)Cut(カット)Clarity(クラリティ)」の4つです。

これらの項目でダイヤモンドを評価し、鑑定書に記されます。

この4Cの評価が高いダイヤモンドほどお値段も高価ですが、相応に煌めきもすごいでしょう。

4Cを踏まえた上で、予算内で一粒ダイヤモンドネックレスを選ぶポイントを見ていきましょう。

4C でダイヤモンドの価格は違ってくる

ダイヤモンドは4Cによって大きく価格が変わります。

この基準によってどのくらい価格に差が出るのかを知ると、どんなランクのダイヤを選べばいいのか役立ちます。

「この予算内だと、どの程度のダイヤが買える」と把握する事もできます。

決められた予算内で一粒ダイヤネックレスを買うためには、4Cによる価格の差をある程度知っておくと失敗しにくくなります。

Color(透明度)

ダイヤモンドの透明度を表す基準がこの「Color」です。

こちらはDカラーが最高評価で、次にE・F・G・H・・・という評価がされます。

もちろんこのカラーも無色透明なほど評価が高くなります。

Clarity(内包物の具合)

クラリティ(Clarity)はダイヤの中のことで、内包物の数・大きさによって11段階で評価付けされます。

これも内包物が少ない・大きくないほど輝きが純粋なので高ランクと判断されます。

カットを重視するのがおすすめ

ダイヤモンドは4Cの具合によって大きくお値段が変わります。

大きさを重要視するのであればカラットが大事。

それ以外にダイヤの輝きを重視するのであればカットがおすすめ。

カットこそ、ダイヤモンドの輝きに大きく影響します。

Cut(研磨)

輝きが鮮明なダイヤモンドが欲しい場合はカットのランクを「Good」以上のものを選ぶのがおススメ!

鑑定書のないダイヤは粗悪なのか?

ダイヤモンドジュエリーは必ず鑑定書が付くわけではありません。

鑑定書にはダイヤモンドの品質を評価付ける4Cが記載されています。

これはいわばダイヤモンドの成績書みたいなものです。

そのため、ダイヤモンドの4Cがある程度高いと鑑定書が付属します。

逆にある程度価格が高いダイヤモンドジュエリーは鑑定書が付いているとも取れます。

鑑定書の発行にはコストがかかります。

評価がそこまで高くないと記載する鑑定書はわざわざ作らないほうが良いですよね。

鑑別書とは

一粒ダイヤモンドネックレスの商品の中には、鑑別書が付属している場合があります。

この鑑別書は鑑定書に文字が似ていますが、全く違います。

この証明書は「本物のダイヤモンドであること」を証明するためのものです。

ダイヤの評価までは証明しません。

Hカラーぐらいの、ミドルクラスのダイヤモンドジュエリーに鑑別書付きが見られます。

ハイクラスのダイヤモンドだとお値段も相応で、よほど高収入でないと手が出しにくいでしょう。

ですが、ミドルクラスなら安く購入できますし、大きさも1ctあるものでも手に入ります。

1ctとなるとさすがに価格が立派ですが、0.5ctだと価格を抑えられます。

一粒ダイヤモンドネックレスを安く手に入れたい人におすすめ!

Hカラーのダイヤモンドでも、見てみると綺麗ですよ。

まとめ

一粒ダイヤモンドネックレスを予算内で選ぶ時のポイントを紹介させて頂きました。

ダイヤモンドの輝きは「カット」がかなり影響します。

大きさよりも輝きを優先するならこの要素は外せないでしょう。

後、ある程度のダイヤモンドネックレスには鑑定書が付く事を書きました。

鑑定書のないダイヤは粗悪ということはありませんし、あっても価格がかなり高いので逆に考えさせられます。

鑑別書についてもそうですが、この鑑別書がないからといって品質の悪いダイヤモンドというわけではありません。

ダイヤモンドは4Cで品質を判断されます。

予算内で選ぶには、この4Cでダイヤモンドを判断しても良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA