妻へのプレゼントに贈る一粒ダイヤモンドネックレスを選ぶポイント

妻へのプレゼントに贈る一粒ダイヤモンドネックレスを選ぶポイント

妻へのプレゼントにダイヤモンドネックレスがいいかな

喜んでもらえそうなギフトにしたい!

結婚記念日や誕生日、母の日に何か贈り物を贈る夫の方も多いですよね。

そこで、ノンブランドで「美しくてコスパが良い」売れ筋の人気アイテムをピックアップしてみました。

大手の通販モールを見てみたけど、商品数も多くて何が何やら分からない・・・。

そこで、妻へのプレゼントに贈る一粒ダイヤモンドネックレスの一例と送り方のコツを紹介させていただきます。

予算範囲 1万円代~6万円代

やっぱりプレゼントといえば定番人気のシンプルデザイン。

一粒タイプのダイヤモンドネックレスはシンプルで上品な輝きを保ち、大人の女性に人気。

年齢問わずに使える点も嬉しいですよね。

また芸能人やドラマの女優さんが身につけていることもあり、安心感もありますね。

流行に左右されない点も好感を持てます。ダイヤモンドの質(4C)にこだわってみてもいいですね。

フラワーやハート、クローバーをプレゼントとして選ぶ人もいらっしゃるかとは思います。

可愛らしいデザインでもプラチナやゴールドを使用していると、大人っぽく見えます。

中でも一粒ダイヤモンドのみのネックレスであれば、シンプルさに女性らしさを加味しています。

シンプルなだけではなく普段使いにも使いやすいのがメリット。

特に若い奥さんにおすすめ。

おしゃれな人や、大人の女性にも似合う、扱いやすいネックレス。

奥様にもプレゼントのダイヤモンドネックレスの素材は?

妻へのプレゼントとして、定番人気なのが天然ダイヤモンド。

大手通販モールでも、レディースファッションアクセサリーなら、有名なブランドが並んでいるくらいですからね。

ただ、ビッグネームはそれなりに価格も立派なもの。

ブランドに縛られずにコスパ良く納得して買いたいのならノーブランドに軍配が上がります。

キュービックジルコニア(CZ)もダイヤモンドとそっくりでいいのですが、人工石ですので、やはり気になるところ。

相手への感謝・喜びの贈り物をする際にはやっぱり天然ダイヤモンドだと納得しやすいですね。

ダイヤモンドは何カラットがいい?

カラットとは「宝石の重量」を表す単位のことです。

サイズの目安になりますね。

例えばダイヤモンドですと、0.5カラットは約5.2mm前後です(メーカーによって表記が違うかもしれません)。

ただプレゼントにするとなれば、必ず何カラットが正解だということはありません。

普段使いや、日常のおしゃれを考える場合は0.3カラット以下がおすすめ。

0.4カラットでもいいですね。

0.5カラット以上になると、ブライダルジュエリーによく使われるので、真剣な感じがしてしまいます。

0.3カラット以下ならば、ノーブランドでもプラチナ製なら予算はブランドと比べてかなりお手頃。

結婚記念日のプレゼントにも人気。

また、かなり小粒になりますが、0.1カラットですと手が出やすくなります。

気軽に渡すギフトにおすすめですよ。

ただダイヤモンドは小粒ですのでダイヤの周りをプラチナで囲ったモチーフのものを推奨します。

モチーフによってダイヤモンドが小さくても存在感を引き立てます。

例えば、このようなハートデザインですと、小さめの0.1カラットダイヤモンドでも「思ったより大きく見える」ということもあるかもしれません。

ハートネックレス

いつもお世話になる妻に!お手頃でおすすめのネックレス

若い頃、彼女のプレゼントであれば、貯金は意識したのだけれども、収入があっても少し値段が高めのものを選んだ人もいませんか。

現在ではお小遣い制限があったり、収入に対して値段が高い物を購入すると怒られることがありますよね。

もう点を考慮するとなるとノンブランド商品で、0.3カラット以下のダイヤモンドネックレスが適しています。

この大きさともなれとギリギリ普段使いでき、ブライダルジュエリーほどのカタさがないためです。

0.1カラットなら手頃な価格でコスパも良いですね。

チェーンもベネチアンタイプ、スクリュータイプなど高級感があふれるものがあります。

0.5カラットでも、ノンブランドでグレードがミドルクラスであれば、ボリュームもあってコスパ抜群。

なるほど!鑑別書と鑑定書の違い

ある程度のダイヤモンドジュエリーを見てきた・購入した人ならば見かけたと思いますが「鑑別書と鑑定書」がありますよね。

これらはいずれもダイヤモンドに関するものですが、微妙に意味と価格が違います。

鑑別書はダイヤモンドが本物かどうかを証明するためのものですが、鑑定書は鑑定士がその石のグレードをランク付けした結果を記します。

鑑定書付きジュエリーが高いのは、グレードを検査して証明書を発行する料金が含まれているためです。

鑑別書付きジュエリーが鑑定書付きと比べて価格が安くなります。

ちなみに鑑別書には、その石が天然ダイヤモンドであることを記載しています。

グレードまでは記載していません。

また鑑別書だからと言って、そのダイヤモンドが低品質ということもありません。

発行するのにお金がかかるので、わざわざあまりに低いランクのダイヤモンドに鑑別書は発行しない場合が多いのです。

ノーブランドとブランドの比較

ここまで色々書きましたが、どちらを選ぶかは個人の好み、価値観に分かれます。

ノーブランドのメリットはなんといっても安い傾向があるという事。

一方、ブランドのメリットは「有名な事の安心感」が代表的ではないでしょうか。

結婚指輪はブランドかノーブランドかどちらがいいか悩んでいる方も多いのでは。

そういったブランドが信頼できそうであれば、そのブランドで買う方が後々最高になるでしょう。

ブランドと価格がどれぐらい違うのか調べてみました

百貨店に店を構えるブランドの場合、0.1カラット以下のダイヤモンドネックレスでも、価格は高くなる傾向があります。

重量が小さくなってくるにつれ、価格も小さくなっていくのは当たり前ですが、物によっては違ってきます。

ブランドかどうかで価格もかなり差が出ます。

百貨店の国内ブランドとノーブランドの差はなんと10倍にもなることが。

価格差だけで他のハイグレードなダイヤモンドジュエリーも買えそうですね。

もちろんブランドにあまりこだわりがなくても、「ホンモノの一粒デザインでしかもブランド」という事ですので、満足度も高いでしょう。

有名ブランドの物は、贈られても嬉しいハズ。

ただ、あげるとなれば、予算もかなり高いので迷うもの。

そこで、予算を決めてみましょう。

そこから、もうちょっと価格を上げても良いなと調整をしていきます。

その予算を決めて「ブランドにするか、ノーブランドにするか」を決めやすくなります。

さらに、どんなネックレス(大きさとグレード)を贈り物にすると妻が喜びそうなのかをイメージすると、より選びやすくなります。

簡単!安くてもプレゼントの価値を高めるテクニック

彼女や嫁さんを喜ばせたい。

優しい奥様なら経済的な事に気を使ってくれるのでいいかもしれませんが、彼女ならやや辛口なもの・・・。

そこで、簡単なのにプレゼントの価値をグッと高めるテクニックをご紹介します。

重そうに見せない

プレゼントは渡し方で相手の反応がガラッと変わります。

「毎日気軽に使ってね!普段使いにいいかなと思って選んだんだ。」と言いながら渡すのはいかが。

「そんなに高くないけど」という謙虚さを含ませながら、決してネガティブじゃなく聞こえますね。

ラッピングに手を加える

男性でも同じと思いますが、プレゼントを渡されるときに第一に目に入るのが「ラッピング」。

特に女性はプレゼントラッピングにも興味を持ちます。

安い店ですと包装も簡易的なことが多いもの。

そこで、解消方法を3点ご紹介します。

相手が喜びそうな手提げ袋に入れて渡す

アニメや童話のキャラクターの絵が描かれた手提げ袋に入れて渡すのも一つの方法です。

特にキャラクター好きな奥様に有効な策。

雑貨屋さん等で購入しましょう。

100均は質が分かりやすいかもしれません。

収納ケースを高級感のあるものに

ジュエリーアクセサリーショップに足を運んで、収納ケースも目を通しておきましょう。

ベロア生地のボックスなど、かなり高級感のある箱が販売されています。

カラット数が小さいダイヤモンドネックレスでも一気にエレガントに見えます。

持ち運びケースなどグッズを加える

ジュエリーのクロスなどケア用品も実用的でいいのですが、持ち運びケースなら実用的でも喜ばれます。

気配りができると思われそうですね。

まとめ

妻へのプレゼントに贈る一粒ダイヤモンドネックレスの一例と贈るコツをご紹介させていただきました。

ダイヤモンドネックレスは高価なお買い物なので、選ぶ際は、自分が良いと思うネックレスを選んでみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA